Return to site

"WAPPY"から"エックスサーバー"へ移行

WordPressの移転について

· ウェブ制作
トンネル

"WAPPY"はリーズナブルなのですが、どうもサイトスピードが遅い気がします。
そこで、ドメイン名はそのままで、このサイトと同じ"エックスサーバー"に移行することにしました。

あまりにも難易度が高かったので、ここにメモしておこうと思います(^^;

 

1・WordPressサイトファイルをバックアップ

「FFFTP」や「Filezilla」などの『FTPソフト』や、"WAPPY"で提供されている『ファイルマネージャー』を用いて、"WAPPY"にあるWordPressサイトファイルをバックアップします。

2・データベースのエクスポート

"WAPPY"で、『phpMyAdmin』の「エクスポート」機能を用いて、データベースのバックアップを取得します。

3・ドメインの追加

"エックスサーバー"のサーバーパネルの「ドメイン設定」より「ドメインの追加設定」を行います。

4・データベース作成

"WAPPY"より取得したデータベースを"エックスサーバー"へインポートするため、サーバーパネルの「MySQL5設定>MySQLの追加」より利用するMySQLデータベースを作成します。

5・wp-config.phpの書き換え

"WAPPY"でバックアップした、WordPressのサイトデータ内にある【wp-config.php】ファイルに
【4・データベース作成】で作成したデータベースの情報を反映します。

・MySQLデータベース名
・MySQLユーザーID
・パスワード
・MySQLホスト名

6・データベースのインポート

"WAPPY"よりバックアップしたデータベースを【4・データベース作成】で作ったデータベースにインポートします。

7・サイトファイルのアップロード

【1・WordPressサイトファイルをバックアップ】で取得したWordPressのサイトデータを、 FTPソフトなどを用いて、"エックスサーバー"の移転先のドメインフォルダ内にある[public_html]フォルダの中へアップロードをします。

8・動作確認

9・ネームサーバーの変更

ドメイン管理会社のマニュアルに沿って、"WAPPY"のネームサーバーから"エックスサーバー"のネームサーバーへ変更します。

以上となります。

 

こんなに工程があるとは思いませんでしたが、いい経験でした。

もし、サーバーの移行で不安がある方がいらっしゃったら、弊社でお手伝いできることがあるかもしれません。
お気軽にお問い合わせください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly