サイトへ戻る

年賀状をCanvaとスマホで10分で作りました

謹賀新年

· ウェブ活用

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

2022年がスタートしました!みなさまはどんなお正月でしたか?

私は早めに大掃除を終え、年末年始はゆっくりしていたのですが、年賀状の準備がどうしてもできなくて。

元旦に実家へ行ったとき、Canvaスマホだけであわてて作りました^^;

Canvaというのは無料なのに、たくさんのテンプレートや素材が用意されていて、とても簡単に名刺、ロゴ、プレゼンテーションなどのデザインができる、とっても便利なサイトです。

いまさら……ですが、来年の参考にしてくださいね!

Canvaで年賀状をつくる手順 

イラスト拝借

実家に行くと、長女が書いた阪神タイガースのキー太くんぽいイラストがあったので、これをスマホに入れていたスキャンアプリ「Adobe Scan」などが有名)でパシャリ。

阪神タイガースキー太くんぽい

テンプレート選択 

Canvaアプリを開いて、上部の🔍検索欄に「年賀状」と記入し、たくさん出てくるテンプレートから好きなテンプレートを選んでタップします。

私は○のテンプレートを選択しました。

Canvaのテンプレート選択画面

住所など変更 

テンプレートを選んだら、必要な箇所を変更します。

このテンプレートだと2ヶ所です。

年賀状変更画面

編集したい部分をタップすると、スマホのキーボードが現れて、文字が変更できるようになります。

年賀状変更画面2

「青木貴之」さんはサンプルですよ!笑

年賀状変更画面3

文字を変更したら、先ほどスキャンしたPDFを挿入します。

イラスト挿入

画面の最下部にある「+」ボタンをタップして、

PDF挿入

さらに最下部「カメラロール」を選択します。

PDF挿入2

カメラロールが開いたら、さきほどスキャンしたイラストを選択

PDF挿入3

すると、このように配置されます。

PDF背景透過

これだと背景がなじんでいないのが気になりますので、有料プラン「Canva pro」しか使えないのですが、「背景透過機能」を使ってみましょう。

背景透過

※ごめんなさい!無料プランではこの機能は使えません。ちなみに有料プランは30日間無料でお試しできます - 30日間無料|Canva Pro

最下部の「エフェクト」をタップします。

「背景リムーバ」をタップします。

背景リムーバ画面

イラストの背景色が透過されて、全体になじみました!

位置の調整をすると、こんな感じに仕上がりました。

あとは、上部の「ダウンロード」のアイコンをタップしてスマホに保存します。 

ダウンロード画面
ダウンロード画面2

ダウンロードすると「いい言葉」が表示されます(^ ^)

実家のプリンタで出力し、できあがり。

残念ながら宛名だけは手書きですが……

今年の目標

  • アウトプットしたい 
  • 感覚の偏り防止のため、デジタルな人から離れてみる 
  • 本をたくさん読む
  • 時間術の実践 - 
  • デバイスの大掃除 - 
  • 生産性のあがる習慣 - 

他にも気になっていることがあるので、インプットも引き続き。

気になっている音声メディア「Voicy」

寝る前、家事中、出かける準備中、移動中など、効率よく、質のいい情報が取得できます。

めっちゃハマっています。興味があればぜひ、お試しくださいね。

  • キャリア全般 - 
  • ビジネス全般 - 
  • メタバースとかNFTアートとか - 
  • お金にまつわる話 - 
  • フリーランスの学校 - 

こちらも情報が偏らないように注意!他にもおすすめがあれば教えてください。

長くなりましたが、皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。